日経225

日経225は、日経平均株価のことで、東京証券取引所一部上場の銘柄の中から、日本経済新聞社が制定した225銘柄の株価の平均を算出した金額だそうです。

先物取引は、この日経平均株価の変動を予想して利益を得るもので、銘柄での取引ではないため、少額投資できるのが人気を集めている理由なんだとか。

個人投資家で、この先物取引にハマっている人って多いんじゃないでしょうか。

株価指数での取引なので、個別の株を取引するのと違い、倒産などの恐れがないから安心ですよね。

それにテレビや新聞でも情報を集めることができるから、金融商品の中では取引しやすいんじゃないかな。

それに、資金の5〜80倍もの取引が可能なので、リスクはもちろんあるものの、上手に運用さえしていれば、効率的な資産運用もできそうですね。

ある程度、資金に余裕があれば、こうした先物取引って結構稼ぐことができるんでしょうね。

資金に余裕がない人には、ハイリターンな分、ハイリスクなので、かなり不安はあるだろうけど(^_^;)

もし資金があまりない場合は、バイナリーオプションから始める方がいいかも。

バイナリーオプションなら、100円から取引できるところもあるし、証拠金を超える損失は出ないので、初心者でも安心して取引できますよね。